FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社グループの現代画報の対談記事 日本の税制をめぐるこれkらの動きを考える



なかなか景気が回復しない日本ですが、財政再建につ いてはこれから大きな問
題になってきそうな予感がします。この問題が、日本において深刻な問題になら
ないよう、あらゆる対策をとってもらいた いと思います。国際ジャーナルなど
のマスコミ各誌においても、より論理的な議論を展開してほしいところです。日
本の所得税は、2009年度の 税収が27年ぶりに13兆円を割り込み、ピー
ク時のほぼ半分になるそうです。これは大きいな問題ではないかと思います。国
民所得と対比した日 本の個人所得課税の負担率は7%となっています。これは
10%以上の欧米を下回る水準です。基幹税としての役割が低下しているといえ
るかもし れません。これはどのように考えればいいのでしょうか。所得税も増
税するべきなのでしょうか。所得税と住民税を合わせた個人所得課税の最高税
率は、1980年代には88%に達していたそうです。日本では、高額所得者の
意欲をなくさないようにするために、最高税率が引き下げられた経 緯がありま
す。これからの日本にとって、税制の見直しは避けて通れないテーマの一つなの
かもしれません。まさに新しい時代にふさわしい税制 を、国民全体の議論で作
り上げていきたいところです。




国際ジャーナルで取材されました
報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道通信社の報道ニッポンの特集記事とは 消費税アップに対する国家的な議論を望む

菅首相が誕生してから、にわかに消費税の議論が活発になってきています。消費
税アップについては、その必要性はある程度認識されながらも、政権を終わらす
危険性があるとして、どの政権でも表立った議論はしてきませんでした。国際
ジャーナルでも、この消費税アップをめぐる政局の経緯について、しっかりとし
た背景を説明してもらえると助かりますね。菅首相が提案している超党派協議に
関しても、詳しい解説が欲しいところです。自民、公明両党は民主党がまず昨年
の衆院選公約での重点政策の誤りを認めるよう求めているそうですが、他の野党
はどうなんでしょうか。各党が現時点で首相の提案と距離を置くのは選挙戦略と
して当然かもしれませんが、日本の国益を考えて、もっと本質的な議論を展開し
てもらいたいところです。経済成長と両立させつつ危機的な財政を立て直し、持
続性のある社会保障制度を確立することは、国家的な課題であるというのが、
もっとも正しい論調ではないかと感じます。消費税アップの議論を前進させるに
はどうすればいいのでしょうか。これには、民主党が所得税や法人税も含む税制
や社会保障の全体像を示す必要があるのかもしれません。社会全体のバランスを
考えながら、充分に検討してもらいたいところですね。




報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)
現代画報の日々取材 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の対談取材 山を愛する小学生兄弟

ある新聞に載っていたのですが、埼玉県のある小学生兄弟が、日本百名山すべての
登頂を成し遂げたそうです。
祖父と共に歩んで2年4ヶ月で達成したそうです。公式記録はないものの、日本山岳協会

は「小さな兄弟が、百名山制覇を達成するなんて聞いたことがないと驚いているそうです。
この「日本百名山」は、北は北海道の利尻岳から南は鹿児島県の宮之浦岳など、作家の

深田久弥氏が選んだ名峰だそうです。深田氏随筆「日本百名山」で紹介し、多くの登山

愛好家が目標にしているそうです。

今回登頂を達成した兄弟は小学校1年生と2年生です。2007年7月に群馬と栃木県境の日光
白根山で挑戦が始まったそうです。この年、28の山を踏破しました。2008年に50ヶ所目の
北海道の羊蹄山など43の山々に登ったそうです。今年の夏休みには、28日間を富士登山な
どに費やして、10月には3000メートル級の山梨県北岳の頂上に立ち、制覇を達成したのだ
そうです。この兄弟は、「ディズニーランドに行きたかったけど、達成できてうれしい」

と、子供らしい考えも持っているところを見せていました。

山に登るきっかけは63歳の祖父が5歳だった長男を誘い、県内の山に登ったことだったそう
です。すると次男も「僕も行きたい」と言い出して、3人で山に登るようになったのだそう
です。祖父は、「孫と山に登るのが生きがい」と話していました。

まだまだ幼い子供なのに、大人顔負けのことが出来るとは驚きでした。新聞に山に登った時
の写真が載っていたのですが、この兄弟の顔を見ると子供ではなく、「山を愛する大人の男
性」という雰囲気が出ていました。怪我には気をつけて、これからも新しい目標に
向かって頑張ってもらいたいですね。




現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の対談取材 日本の食糧自給率

日本の食糧自給率が低いのは、前から話題になっていますが、最近は海産物など
について、中国や韓国のバイヤーが世界中から調達をするために、日本の商社が
買いつけできない事態も起こっているそうです。食料の自給については、世界中
からより安くて高品質の食材を輸入すればいいという議論もある一方、日本の安
全保障の観点から、輸入に頼らない自給率の向上が必要であるという意見もあり
ます。しかし、食料自給率は簡単に上げることはできません。まず、日本の農業
政策の見直しは当然ながら必要ですが、単純に農家へ補助金を出せば済むという
簡単なものではありません。食料については、肉を食べる場合には、飼料が必要
となります。肉は非常にコストがかかる食材です。飼料を輸入するのをやめる
か、家畜の餌につかうのではなくて、人間の食品用に使うことも考える必要があ
ります。しかし、飽食とまで言われた日本人が、今までの食生活を簡単に質素な
ものへ切り替えることは非常に難しいと思います。まさに発想の転換が、国民の
意識として高まってこないと、単なる政府の政策だけでは、食料自給率の向上に
はつながっていかないのではないかと思います。報道ニッポンなどの特集でも、
食料に関しては深く掘り下げて欲しいところです。







報道通信社 取材
cars.ebb.jp 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の対談取材 今はまだ

「走ると足が細くなるよ」という旦那の悪魔のささやき(?)に惑わされて、ジョギングを始めました。最初はウォーキングで身体を慣らしてからにしようなんて、甘く考えてましたが、1分間に心拍数120を維持して歩くのって、実は何気に大変です。普段どこへ行くのも自転車で、車で15分くらいの場所ならエッチラオッチラ行って帰ってくるのは当たり前の生活をしているにもかかわらず、やはり、自分の足で歩くのは違うんですよ~。たかがウォーキングだなんて侮れない。翌日はバッチリ筋肉痛になりましたからねえ。それでも、続ければ身体が慣れてくるのです。今では1時間ガッツリ歩いても平気。で、最近ようやくジョギングにレベルアップしたところです。目標の足痩せにはまだまだ遠いけど、背中がスッキリしてきましたよ。それにお肌の調子も良い。ジョギングは生活習慣病に良いという話はよく聞きます。国際ジャーナルで「働き盛り層を襲う脳卒中── 予防の鍵は生活習
慣にあり」という記事を見て、やっぱり頑張ってジョギング続けなきゃ!という気持ちになりました。旦那は血圧高めだから尚更、これからも続けて欲しい。今はまだ死なれちゃ困る、私も死ねないのです。いくら保険金が降りてもねえ。死んじゃったら子供らが・・。管理栄養士やトレーナーがついてるわけじゃないから、自分たちで何とかせねば。しかも一番お金の掛からない方法で!



月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社
games.awe.jp 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の対談取材 社会ではおしえてくれないこと。

 会社では教えてくれない仕事のルールの中に、「本日のおすすめを注文するな」というものがあるそうだ。おすすめに頼っていては、社会人に必要な「意思決定力」を磨けないということらしい。
 魚を焼いていた人が「魚をみておいてくれ。」と言って、戻ってきたら、真っ黒こげ。「みていろといわれたから、みていました。焦げそうだったら火をを止めろという指示がなければわからない。」と答えた新人がいるそうだ。
 笑ってしまう話であるが、確かに若い子などは指示をしないと全く動けない。いちいち説明するべきことなのかと自問自答しながらも、言わなければ動けないので、結局指示を出さざるをえない。それが高校生ならまだ仕方がないと諦めもつくのだが、良い大人も同じようなことを言ったりするからたちが悪い。
 意思決定力を育てるために、おすすめメニューを安易に選ばず、自分の食べたいものなどを常に考えて注文することが必要であるそうだ。飲食店の立場から言えば、お勧めを頼んでくださるお客様はとてもありがたいのであるが・・・。お勧めにもいろいろある。在庫があまってしまっているものだったり、賞味期限の近いものだったりする場合が多いのではないだろうか。難しい問題である・・・。


国際ジャーナルとうい媒体
trip.coresv.net 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道通信社の報道ニッポンの特集記事 店の取材

昨日午前中にお電話を頂きました。店の取材をさせてくださいという内容です。 
取材は午後が良いとおっしゃったので、その日のうちに取材をしていただけました。ライターさんとカメラマンさんがお二人でいらして、あれこれ写真を撮って、お話をさせていただきました。隠れ家的なお店という特集に載せていただけるらしく、楽しみです。
私は言葉で何かを伝えることがとても苦手で、想いはたくさんあるのに素敵な言葉がみつかりませんでした。ライターさんが最後の質問で「このお店をどうしていきたいですか?」と尋ねられました。たくさんの想いは胸の中にもやもやしているのですが、考えた挙句、「ずっとここにあるお店になりたいです。」と言いました。「ふと行きたくなったときにいつでもそこにあるお店。くつろげて、癒されるお店。」
それは毎日営業しているという意味ではなく、ゆっくりしたいとき、癒されたいと思ったとき、私の店に来たいな、と思っていただける店。そして、やっぱり来てよかったと思っていただけるお店。それには年単位の時間もかかります。店の存在を皆様に知っていただかなければなりませんし、一人一人に最高のサービスをしなければいけません。それでもそんな店を夢見て、日々頑張っています。
 言葉足らずな私ですが、取材をしていただけると、店への想いを口にして、クリアになります。これから進むべき道もはっきりしてきます。逆に足りない部分なども考えさせていただけて、とてもありがたいです。さらにライターさんやカメラマンさんからの目線で店の良いところを教えていただけるのが嬉しいです。多くの店を見ているであろう彼らは普通とは違った意見をくださいます。取材をしていただけるのも勉強の一つです。来年の今頃はもっと今よりも自分の考えをクリアにして伝えられるようにしたいです。

報道ニッポンとの出会い
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道通信社の報道ニッポンの特集記事 キャンドルナイト

今年も100万人のキャンドルナイトの季節がやってきましたね。夏至と冬至、午後8時から10時の2時間、電気を消してろうそくの明かりで過ごそうというこの呼びかけが始まったのが、2003年。今年は公式ホームページに飛べば一目で分かりますが、エコ活動にありがちな恩着せがましさがなく、その効果などを説いて回るのでもなく、静かでとてもアーティスティックで、「カッコイイな」と思わせるものがあります。また、きまった時間に電気を消すだけというとてもシンプルな参加方法と、ろうそくの明かりの美しさを再発見できるところに、大きな魅力があるように思います。
国際ジャーナル6月号に和ろうそくを紹介する記事が載っていますね。和ろうそくは今流行の洋ろうそく所謂キャンドルよりも長持ちし、また、その炎の揺らめきが和紙の具合によって変化に富んでいると言われています。キャンドルナイトに和ろうそくを灯したら素敵でしょうね。ろうそくの炎って不思議。じーっと見ていると妙に落ち着きます。部屋の中にいくつか灯すと、なんてことはない平凡で雑然としたいつもの部屋が、仄かなオレンジの光に包まれて幻想的に見えてくるのです。電気をろうそくに変えただけなのに、何だか得をしたような気分になります。今年のキャンドルナイトは6月20日から7月7日です。この簡単で素敵で積極的な環境活動に参加してみてはいかがでしょう。



現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道通信社の報道ニッポンの特集記事 姫路城

現代画報」の表紙には、世界遺産がよく登場します。
 天下の名城、空に舞う美しい白鷺の別名を持つ、兵庫県の姫路城もそうです。

 JRの改札を北側に降りると、まっすぐ走る道路の先に、威風堂々としていて
優美で美しい城郭の姿が現れます。
 
 私は生れは姫路ではないのですが、すぐ近くに住んでいたため、子供の頃から
このお城に慣れ親しんできました。他の土地のお城をあまり見たことがないので
、どこのお城もこれくらい大きくて立派なのだと思っていました。

 長じて、色々な土地のお城を見るにつけ、「姫路城って立派なんだなぁ~」と
、つくづく感じることが多くなりました。偉容、美しさとも申し分ない、と思い
ます。世界遺産になる前に、すでに国宝でしたしね。

 これだけ近くに住んでいながら、天守閣に登ったのは一度だけですが、結構足
腰の鍛錬になりそうな高さでした。

 今ではCGを使うかも知れませんが、時代劇では将軍様がいらっしゃる「江戸
城」はたいてい姫路城が使われてますね。

 残念ながら、平成21年10月から天守の改修工事に入っています。この城、
構造上、世界的にも優れているそうで、耐震性も高いと言われています。かつて
訪れたポルトガル人宣教師を驚かせたという記録も残っているそうです。





現代画報 | 現代画報社 | セルフメディケーションを考える
国際通信社を読む、続・取材 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の特集記事 石川遼フィーバー

過熱する石川遼フィーバーが周囲の選手を悩ませているという。1つはファンのマナー無視の行動。もうひとつは、情けないことにメディアの無謀な取材方法。これらが、他の選手のプレーに悪い影響を与えているのである。先日も、石川遼の取材に焦るあまりにゴルフカートを暴走させ、ファンを怪我させたTBSの取材クルーの問題があった。ファンのルール無視の行動にはファンあってのプロであるのでなかなか難しい面がある。運営者の運営力が問われるであろう。ファンの行動よりも問題なのは懲りていないマスメディアの取材方法である。つい先週、終了した国内男子ツアー「ダイヤモンドカップ」でも、石川遼目当ての一部ファンのマナー違反があり、石川遼に密着するテレビ局のカメラクルーが他選手がグリーン上でパッティングをしている時に「ガシャ!!」と音を立てて機材を動かしたりしていたという。
当然、選手側からクレームが出されている。問題は、それらの行為が少しも直らないことである。運営者側やプロ協会側にファンは大切であるので強くいえない、メディアはスポンサーであり、放送をしてくれているので強くいえないという姿勢があるから、同じことがいつも起きるのではないだろうか。もし、そうであるなら、その姿勢は自らに跳ね返ってくるであろう。ゴルフは個人プレー競技ではあるが、高いレベルのプレーが有ってこそ人気は高まり、長続きする。石川遼だけがプレーしいていれば他の選手は、関係ないというものでない。それができない運営側、テレビ側は貴重なコンテンツを自らが潰しているようなものである。




国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の特集記事 大阪土産のチョコは?

ある大手菓子メーカーから発売されている有名なあるチョコレートは、世界約70カ国で人気を呼んで
いるロングセラー商品です。日本での売り出しは1973年からで、2002年からは東北の「山形さくらん
ぼ」、信州の「信州りんご」などの「ご当地シリーズ」を全国各地の駅や空港などで販売している
そうです。その種類は、31種類あるそうです。ところが、以外なことに「大阪土産」のそのチョコレ
ートはないのです。

ある日、60代の夫婦がこの菓子メーカーのマーケティング統括部にスタッフと一緒に「大阪土産」の
商品開発にチャレンジした記事がある新聞に載っていました。
60代夫婦がアイデアを出しました。「以外に知られていないかもしれませんが、大阪は野菜が有名で
す。八尾市の葉ごぼう、泉州の水なす、果物ならブドウやイチジクも・・・」「この年齢になると
やはり健康に気を使うので・・」と話が盛り上がったようです。
60代夫婦の旦那様が「黒豆入りはどうでしょう。高齢者は大豆入りの製品だとなんでも買ってしまう」
という意見を出しました。「シニア向けのこの有名なチョコレートを大阪土産にしてみては」という意
見も出ました。名付けて「大阪に行って健康になろう」だそうです。アイデアは、尽きません。

何年も前になりますが、私の主人と一緒にスキーに行ったりした際にこの有名チョコレートのご当地シ
リーズを見たことがあります。確かに言われてみると「大阪」はないのです。私は大阪に住んでいるの
で寂しい気がします。大阪で有名なものを思い出してみたのですが、全国に共通するものといえば「粉
もん」なのでしょうか・・・。



経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社
国際・報道通信社のつぶやき 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

現代画報社の現代画報の特集記事 これからの世界戦略

サブプライムローンに端を発した世界的な経済不況ですが、日本におけるダメー
ジも非常に大きなものだったと言えます。では、なぜ日本が大きなダメージを受
けたのでしょうか。まず、サブ・プライムローンによる経済の悪化は、アメリカ
市場で起きたことが上げられます。例えば、日本を代表するトヨタ自動車です
が、その自動車販売台数の20%近くをアメリカで販売しています。このため、
アメリカの自動車販売台数が急激に低下することによって、驚くほどの収益悪化
を生じたことになります。今回の不況によって、いままで世界の経済を引っ張っ
てきたアメリカの経済力が落ちていく始まりだという人もいます。サブ・プライ
ムローンは全世界の経済に影響を与えましたが、やはり中国やインドなどの新興
経済発展国の経済成長は、これから伸びていくのは間違いありません。なので、
G8と呼ばれた先進国の枠組みに対して、中国、インド、オーストラリア、韓
国、インドネシア、ブラジルなど、G20と呼ばれる新しい枠組みが出来上がっ
ています。これからの日本企業においても、これらの新興国に対する戦略抜きで
は、その成長は望めなくなっています。アメリカ一国から脱却した経営戦略が必
要になっていると言えます。







国際ジャーナルの願い
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 北朝鮮の挑発に対する韓国の決意について

国際ジャーナルなどのマスコミでも盛んに論評が行われている北朝鮮問題です
が、最近話題となっている韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件の原因は、どうやら
大きな問題に発展しそうです。韓国の軍民合同調査団は2010年5月20日午
前に、「北朝鮮の魚雷による爆発で沈没した」とする調査結果を発表していま
す。これはすごいことになりそうですね。これによって韓国の李明博大統領は同
日ですが、オーストラリアのラッド首相との電話会談で「北朝鮮に対し断固たる
措置を取る」という決意を語ったそうです。これから一体どのような動きになっ
ていくのでしょうか。韓国の李大統領ですが、週明けに「対国民談話」を発表し
て、今後の対応方針を表明する予定になっています。韓国政府としては、今後国
連安全保障理事会を通じた解決を探っていくのではないかと予想されます。しか
しながら、中国などの常任理事国における足並みは揃っていくのでしょうか。こ
の事件によって、いままで行われてきた6カ国協議再開の可能性はさらに少なく
なっていくのかもしれません。日本は韓国と連携してこの問題に取り組んでいく
ことを決めているそうですが、これからは朝鮮半島の安全保障が大きなテーマに
なってきそうです。





bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
報道ニッポンの飛躍 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社グループの報道ニッポンの対談取材 父親の子育て参加

ここ最近、子育てに積極的な父親が増えているようです。ですがその一方、男性の育児休業取得率は
低迷しているそうです。男性が自然な形で子育てに参加するアイデアを盛り込んだ本が出版されまし
た。「パパルール」という本です。この本を出版したのは、ある短期大学の41歳の教授です。この男
性は、育児休暇を取得したことがあるそうです。そういった経験から父親の子育てをどう考えるかを
本にまとめたそうです。

父親が子育てに関わる意義・・・この男性は、5つのことが幸せになると話しています。まずは、子供。
子供がより豊かに育つには、色んな人がいて色んな価値観があることを知ることが大切だと話して
いました。父親が子育てに関わることで、少しはそれを伝えられます。次に母親。今は、母親が一人
で子育てをしている状況です。それが育児不安や児童虐待の一因になっています。母親にとって、夫
が自分の苦しさをわかってくれないことが一番つらいとのことです。3番目は父親自身。仕事中心で
は生き方の幅が狭いと思います。子育てをすることで、忍耐や柔軟性を学べ、人間としても成長でき
ます。そんな父親達が働く企業にもメリットがあるのではないか・・・と話していました。
省略しますが、最後に社会。子供がより豊かに生きていける社会は誰にとっても豊かと言えるそうで
す。

経済状況や雇用情勢が悪化して父親の子育てを口にしにくい雰囲気があります。
子供は母親だけのものではありません。父親がいて、母親がいて子供は幸せだと
思うのです。この世の中が、父親も母親も関係なく、育児に参加できる時代が来たら喜ばしいことだ
と思っています。



国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
現代画報を再発見 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社グループの現代画報の対談取材 振り込め詐欺等あらゆる詐欺

国際ジャーナル12月号に、振り込め詐欺等あらゆる詐欺に関する記事が出ていました。

2008年度の振り込め詐欺による被害総額はなんと約276億円。
ここまで多額の被害がでているとは知りませんでした。
振り込め詐欺については、すでに周知の詐欺手口である上に、
警察署などで注意喚起のビデオが放映されるなどかなり警戒もされているので、
すでに小康状態なんだろうと勝手に思っていましたが、
まだまだ油断はできない状況だということがわかりました。

家族と連絡を密にとっていればなんら問題はないはずで、自分とは無関係だと考えていましたが、
年々手口も悪質化しているらしく、気をつけるにこしたことはなさそうです。

社会情勢も不安な今日この頃ですので、ちょっとした心の隙につけこまれることがないよう、
皆様も気をつけていただきたいものです。

報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道通信社の月刊誌・報道ニッポン 2009年の出生率

先日の新聞に、厚生労働省が発表した2009年の人口動態統計に関する記事が載っていました。

1人の女性が生涯に産む子供の数に近い推計値「合計特殊出生率」は1.37で前年と同じだった
ということです。
過去最低の1.26だった2005年から3年連続で続いていた上昇は止まったといいます。
「出生率」は前年より2万1131人減の107万25人。厚生労働省は「出生率が減少し、出産世代の
女性の数も減ったため」と分析しています。

出生数を母親の年齢別に見ると、15~34歳で減少する一方で、35~44歳では増加したといいます。
平均初婚年齢が28.6歳、第1子出世時の母親の平均年齢は29.7歳と、いずれも過去最高となって
いるという結果が新聞記事に載っていました。

今の世の中を生きている人にとって、「将来幸せに生活ができるのか」「安心した生活を送る
ことができるのか」と思わせる不安材料ばかりが揃っているように思います。
また、縁があって結婚をしても、社会に活躍したいと思う女性も増えているような気がします。
「女性だから結婚したら仕事を辞める」「結婚したら必ず子供は産む」という考えが、時代の
流れで薄くなってしまっているのかもしれません。社会に出て自分が認められる喜びを感じて
いる女性がいるというのも確かです。
私は今、子供を育てているのですが、毎日テレビニュースや新聞を見ると「この子たちの将来
は大丈夫だろうか」と思うというのが本当のところです。不景気真っ只中の日本。本当に回復
するのか分らない状況の中、「子供を産みたい」と思う人が減るのは仕方ないような気がします。
安心して子供を産める国になってほしいと思います。


realestate.ebb.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 子ども手当

6月1日から始まった「子ども手当」。申請されて、すでに手元にあるという人も多いでしょ
う。1人13000円というのは非常に大きな金額です。

テレビでは、街頭インタビューが放送されていました。子供たちは「ゲームを買ってほしい」
「全部、小遣いにしてほしい」など、やはり自分が普段からの強い願いを親に伝えるような
感じでインタビューに答えていました。
親としては「将来が不安なので貯金しておく」という意見が多かったようです。
「習い事にあてる」、「学費」、「子供の衣服を買う」という意見もあがっていました。
いずれにせよ、愛する我が子のために使用するという意見はどの親も同じのようです。

以前、この子ども手当については国会でも大きく取り上げられている様子がテレビでも放送
されていたのを目にした記憶があります。ある議員は「親が自分のために使うのではないか」
「パチンコ代にするのでは」という意見を述べていたような気がします。

本当の親であれば、必ず子供のために使うのです。これは当然のことなのです。
「子ども手当」というお金をもらうのは非常に有難いと思います。
が現実のところ、「待機児童」という問題も大きいように思います。
今は不景気です。少しでも家計の助けになろうと母親が働こうと思っている人も多いのです。
が、幼い子供を保育園に預けたくても預けられない状況があります。
地域によっては対策をされているところもあるようです。が、まだまだ対策されていない地域
のほうが多いのです。いざ保育園に入園できたとしても、多額のお金を毎月支払わなければ
ならない。給料のほとんどが保育園代に消えてしまう。非常に厳しいのです。
この状況を何とかクリアしていただきたいというのも多くの母親の本音だと思います。


ジャーナルライフ
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 自閉症がふえている?

アメリカで自閉症の子供が増えているそうだ。何か母親に問題があったのであろうか。先天的であるから、母体の問題か、環境などの問題であろうか。
昔学生のころボランティアをしていて、自閉症の子達と何度か遊んだことがある。他人とうまくコミュニケーションがとれない。目を見ることもしない。会話がかみあわない。何か気になるとひどく固執する。いろんな子がいた。みんな一様にコミュニケーションが取れないのが大変である。たくさん集まると団体行動なんて夢のまた夢だと思ってしまう。
その母親たちとよく話をさせていただいた。「これでも大切なわが子なの。」とみなさん必ずおっしゃる。おなかを痛めて産んだ子はたとえ障害をもっていても大切な宝だと。私はまだ若かったから、そうは思えなかった。自分の子が・・・と思うと将来を悲観して、子供はいらないと思ってしまったくらいだ。しかし今は少し違う。やはり子供を欲しいと思うのだ。障害を持って産まれることもあるかもしれない。でも女として産まれたからには自分の子供をこの腕に抱きたい。
将来は決して明るくない。子供だって、産まれて来たことを後悔してしまうような世の中かもしれない。それでも希望はどこかにあって、幸せは手に入れられるのだ。だから私たちは少しでもその子供たちの未来が明るくなるように努力しなければいけない。自然を大切にし、温暖化を少しでも食い止めていかなければならない。

国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
このページのトップへ
コンテントヘッダー

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 マグロの価格についてはどうなっていくのか?

世界的な環境に対する関心の高まりは、日本の伝統的な食文化にもおよんでいる
と感じます。その点は国際ジャーナルなどでも報道していると感じます。例えば
ワシントン条約の締約国会議のクロマグロを巡る本格的な議論もその一つではな
いかと思います。特にすし屋などにとっては大きな関心事ではないでしょうか。
クロマグロの価格高騰を心配する声が大きくなっています。この先行きは不透明
です。もし仮にクロマグロの需給がひっ迫すればより価格の安いほかのマグロの
価格にも影響を与えることになるかもしれません。いずれにしても、より正確な
情報把握が必要になってきていますね。ちなみに1世帯が年間に食べるマグロの
量が、日本で一番おおいのが静岡市です。各家庭でも週に2、3回はマグロが食
卓に上るそうです。特に人気なのは、メバチマグロやビンナガマグロで、値段は
クロマグロの半額以下になっています。静岡市にあるスーパーでは、なんと販売
しているマグロの9割がクロマグロ以外です。もし、大西洋クロマグロの国際取
引が禁止された場合、マグロ全体の需給がひっ迫して、売れ筋のほかのマグロに
影響が及ぶのではないかという懸念がでています。静岡市民ならずとも心配なと
ころですね。





報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意
現代画報を求めて 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 五月

いよいよ三十度近い日もちらほら・・・
今年は例年より遅いのかな?
やっと初夏らしくなりました。
風がとても心地よくて、ゴハンの後は、昼寝でもできたら、
最高ですね。

そういえば先日、バルコニーのドアを開けて空気を入れ替えながら
うとうとしていたら、なにやらガサガサ音。
きっとビニールカバーが風ではためいているのだろうと思っていましたが、
音がそのたび違います。
?と見にいったら、白黒の足が・・・

きっとご近所のにゃんこでしょう。
白黒の、のらくろ、みたいな大きい猫が
すました(あるいは硬直した?)態度でこちらの様子を覗っていました。

大の猫好きな私。
早速猫目線までしゃがみこんで、手招きしてみました。
猫は、半身逃げる体勢ながら、悩んでいるようす。
根気よく、おいでおいで、を繰り返し、やっと一歩を踏み出してくれそうな瞬間、
家人が見に来てしまい、猫は瞬時に逃げていってしまいました。
残念!

風に誘われて、猫もお散歩、と思ったら、
何だかほほえましいですね。





oscar.coresv.com
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

nice2009

Author:nice2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。