FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル お隣さんの顔

報道ニッポンの記事にはいつも啓発されることがたくさんあるのですが、今月号の「『隣人祭り』から見える孤独死減少への道筋」というコラムはとても興味深かったです。「隣人祭り」とは、隣近所に住む人たちで集まって交流を深めようというもので、もともとは1999年にフランス・パリで起こった老人の孤独死をきっかけに、「隣近所付き合いを大切にしていく」活動としてヨーロッパに広がっていったものです。日本でも2008年から各地で開催されています。何か特別な団体の協力とか手続きとかが必要なのかと思ったのですが、そうではなく、あくまで自主的なものみたいです。日本支部のホームページで開催の告知をしてくれますが、コンシェルジェと呼ばれる主催者の人たちが中心になって行われています。ホントはもっと普通に開かれててもいいのかなあと思います。ウチの近くの自治体では、高齢者向けで体操教室だとかバスツアーとか大小取り混ぜて色々なイベントをやっているみたいなので、これも隣人祭りといえばそうかもしれないですね。孤独死の予防という本来の意味では、お年寄りを中心にした隣人祭りの方が良いのだろうけれど、ホントは、お隣さんの・・蕕鮹里蕕覆い里麓磴だぢ紊里茲Δ糞い・垢襪鵑任垢茲諭F辰縫▲僉璽箸筌泪鵐轡腑鵑呂發ξ戞・紂Σ次・・・擦鵑任襪・覆鵑特里蕕覆た佑諒・・燭い任靴腓Α・磴た佑魄団イ蟾・爐里鰐詰・・福・・・・・・
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺
現代画報の取材で・・
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 労働基準法違反の疑いも低年ガールズグループ

韓国のことなんですが、最近、小学生メンバーのガールズグループが誕生しています
ね。

その一部のグループに「労働基準法違反」の疑いがあると指摘されたそうです。



韓国の現行労働基準法では、

「15歳未満の者(小・中等教育法に基づく中学校に在学する18歳未満の者を含
む)」は労働者として雇用できないが、大統領令が定める基準により、雇用労働部長
官が発給する就職認可証を取得した労働者は、雇用できる」と規定しています。



で、今回指摘された部分は、就職認可証を取得しないままグループ活動を行っていた
というのが、いけない部分ということですね。

申請すればよいのであれば、申請すればよかっただけではないでしょうか・・・?



ところで、日本はどうなっているんでしょうか?



日本だって、小学生やら中学生が芸能界で多く活躍していますよね~



その昔、ベストテンを見ていたら、とあるアイドル歌手は14歳前だから9時以降の
番組には出演できない、と言っていたの思い出しました。

法令に違反しちゃうってことですよね。

ですので、そのアイドルの歌場面は、いつも事前に撮影しておいたものを放送してい
ました。

今は、どうなんでしょうか?

きっと録画なんでしょうが、昼夜問わず小中学生が番組に出ている気がしますが。

う~ん。。

子どもが寝る間も惜しんで働くのには、賛成できませんね!


国際通信社
国際通信社の取材で・・
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル プレママ教室

先日のある新聞に、「プレママ教室」の様子の写真が大きく載っていました。

「プレママ教室」に参加される方は、多いかと思います。
出産を控えた女性が、呼吸法の練習をしたり、お風呂の入れ方を練習したり、おむつの替え方を
練習したり、いざ赤ちゃんが生まれたときに困らないようにあらかじめ学んでおくのです。

しかし、今回紹介されていた新聞写真は呼吸法を練習しているプレママ達が全員、マスク姿なの
です。これも新型インフルエンザの影響なのです。
妊婦というのは、世間でも「重病化が高い」と言われています。そのために、マスク着用で参加されているのです。
予防はしっかりし、感染しないように心掛けて無事に元気な赤ちゃんを産んで頂きたいと
思いました。

私も妊娠中、地域で行われた「プレママ教室」に参加したことがあります。主人と参加しました。
お風呂の入れ方で今でも思い出すのが、赤ちゃんの大きさ程の人形を使ってベビーバスに入れて
練習したのです。
人形ですので、関節は曲がりませんでした。そのような人形を主人が練習したのです。

「今回は人形ですが、実際に赤ちゃんをお風呂から出す時には赤ちゃんを揺さぶったりしないで
下さい」とあらかじめ保健士さんに言われていたのにも関わらず、主人は「人形だからどうしても」
と思ったのが、お湯から出すときに人形を揺すって水気をとったのです。保健士さんに笑われたの
ですが、実はどこのご主人さんも同じようなことをしていました。

我が家に無事初めての赤ちゃんが生まれて、世話をするとなると「どうしたらいいんだろう」と
考えることばかりでした。ですが、「プレママ教室」に参加したことで役に立った部分が非常に
多かったように思います。

保健士さんも優しく、丁寧にアドバイスしてくださるかと思います。初めての出産を控えた女性は
自分の納得いくまで相談されてもいいかもしれません。育児に役立つことがあるかと思います。
頑張って産む赤ちゃんなのですから・・・。



現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル文芸批評
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ランドセル

お歳暮やお中元など、本来の時期よりも前倒しで販売されているのが
ここ最近の傾向だと思います。
また、同じように前倒しで販売されるのが「ランドセル」だそうです。

ついこの間2学期がスタートした・・・と思っていたら、ランドセルの
販売が本格化しているのだそうです。
残暑がまだまだ厳しい日が続いていますが、そんな中でも学用品や子供
用品売り場には、秋や冬を通り越して春がやって来ているのです。

新聞記事に載っていたのは、福岡県のある百貨店でした。
9月1日に売り場を設けて、約180点ものランドセルを揃えていると
いいます。販売から初の週末となった9月4日、子供たちは鏡を覗き込んで、
そして祖父母などは笑みをこぼしているという光景がかなりみられたようです。
ある主婦にインタビューしているのですが、背中がすっぽりと隠れるという
ランドセルを長男に購入したといいます。「早くランドセル姿を見てみたい」
と今から楽しみのようですね。

テレビや新聞、そして国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられて
いたように思うのですが、ここのところ「少子化」といわれています。
この少子化も手伝って「いいものがなくなる前に押さえたい」と考える客が
増えているようなのです。来年の春、小学校に入学の子供を育てている親は、
どのようなランドセルを選ぶのでしょうか。楽しみですね。


国際ジャーナルが発刊
報道ニッポン 好きな雑誌/報道通信社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 民主党の代表選挙は一体どうなるのか?



民主党の代表選挙も終盤にきており、その行方はどう なっていくのかまったく
わかりません。今回出馬した小沢氏ですが、歳出拡大路線をさかんにアピールし
ているのではないでしょうか。例えば、高 速道路の建設に加え、国の「ひも付
き補助金」を一括交付金に改め、地方の裁量を高めることで地場産業の振興に結
びつけるという政策をさかんに 主張しています。このような政策は一体どのよ
うな効果を生むのでしょうか。国際ジャーナルでも、この点については、分析を
行ってもらいたいと ころです。雇用創出の具体策や財源など、今の日本では急
務となっています。この点については、明確な政策を打ち出していくことが大事
になって います。民主党の代表戦においては、「政治とカネ」の問題も重要な
論点ではないでしょうか。小沢氏は自らの資金管理団体の土地取引事件で、検
察審査会が「起訴」と議決すれば訴追に応じると言っています。小沢氏が総理大
臣となった場合、本当に起訴される事態が起きるのでしょうか。政 治手法では
全員参加のスタイルを重視する菅氏、トップダウン型の小沢氏と、それぞれ特色
があります。どちらが代表となるにしても、日本の将来 のために、真剣に政策
に取り組んでもらいたいところです。






国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
現代画報を再発見
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル トラック野郎

現代画報で「高速道路の無料化から見えてくる地域経済の可能性」と
いう記事が掲載されていました。高速道路が全面無料になるかどうかは、
まだわかりませんが、今は土日が1000円ということで、その恩恵を
受けて旅行に行かれているかたも多いと思います。
 私は土日が休みではない会社で働いているために、まだ、そ
の恩恵を受けたことがありませんし、自家用車を持っているわ
けではないので車に乗る機会はあまり多いわけではありません
。だから運転するのは3ヶ月に一回ぐらい、しかもレンタカー

 そんな私がこの間生まれて始めて、トラックを運転しました
。しかも、4トントラックで、アルミバンという荷台部分が四
方八方金属で囲まれていて、後ろが全く見えないという車種で
した。バックミラーでは見えませんが、カメラが後ろについて
いてその画像を社内で見ながら後ろを確認するというものでし
たが、なかなか慣れるまで時間がかかりました。自宅の引越し
のために借りたのですが、結論から言ってトラックの運転は面
白いです!車高が高いせいで視界もひろく見渡しはいいですし
、でかい車体を動かすのは気持ちのいいものです。みなさんも
是非機会があれば・・・と思ったんですけど、まあないでしょ
うね。



報道ニッポンとの巡り合い
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本の政治に今求められているものを考える



これからの日本の政治に求められているのは何でしょ うか。これについては沢
山のテーマがあると思います。この様な政治の求めるものについては、国際
ジャーナルでも、大きな特集を組んでもらいた いと思います。なんといって
も、最大の懸念事項は経済ではないかと思います。景気の回復を如何にして行う
のか、それが政治の大きなテーマと なっています。そのために必要なことはな
んでしょうか。まずは規制緩和が考えられます。そのためには、官僚制の改革と
いう大きなテーマがあり ます。いままで官僚が取り仕切ってきた事柄を、民間
で行える様にすることで、新たな需要を生み出すという考え方です。これには当
然ながら、政 府のバックアップも必要です。そのためには財政面での支援も必
要となってくるかもしれません。一方、日本政府の財政は非常に赤字が膨らんで
い るという状況もありますから、財政の体質改善も必要となってくるのではな
いでしょうか。さらに、新たな雇用を生み出すために、新しい産業の創 出を目
指していく必要があります。自動車や電機などの加工貿易だけでは、これからの
日本を支えていくのは難しくなっていくのかもしれません。 このように、日本
の政治が目指すべきテーマは沢山ありますね。





国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際派な人々
報道ニッポンで取材されました
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 地方分権と一括交付金の関係について



民主党の代表選挙では、小沢氏の新しい 主張がポイントになっています。これ
は国から地方への補助金を一括交付金化すれば現在の6、7割に減らせるという
主張についてです。これ は本当なんでしょうか。国際ジャーナルでも、この数
字の実証性を分析してほしいところですね。一括交付金については、単なる一過
性の話題 としてではなく、これからの日本の政治を考える上でも、もっと分析
がほしいところです。これは地方分権を推進する観点からの話なんでしょ う
か。実際はどうなんでしょうか。財源の捻出についても考える必要があると思い
ます。一括交付金化はそもそも地方の創意工夫を引き出すの が目的であると聞
いたことがあります。ですから、国から地方への支出には、使い道が決まってい
ない地方交付税と、社会保障など使途が決 まったひも付き補助金の2種類があ
りますので、この点についても充分に考えてみる必要がありそうです。単に一括
にすればすべてがうまくい くという問題ではないかもしれません。この点につ
いて、最近のマスコミの動きをよく見ていきたいと考えています。日本の地方分
権の動きに ついても、もうすこし自分でも勉強してみたいと感じます。いずれ
にしても、小沢氏の提言は大きな波紋を呼んだみたいですね。





あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 深津絵里さん、最優秀女優賞を受賞!

女優の深津絵里さんといえば、男性だけではなく女性にも支持者の多い女優さんとして、日本ではすでに実力、名声ともにトップレベルの女優さんですよね。そんな深津絵里さんが、なんとモントリオールで開かれた第34回モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞されたそうです!これってファンだけではなく、日本人としても嬉しいですよね~!なんでも、田中裕子さん以来のなんと27年ぶりの快挙だそうで、うーん、約30年間も日本人の女優さんではこの最優秀女優賞をもらってなかったのですね~。最優秀女優賞を今回受賞したことで、これからは深津絵里さん、日本だけではなくて活動の場所が世界にも向かうのでは?ちなみに、深津絵里さんが演じられたのは、馬込光代という女の人の役で、佐賀県のとある紳士服量販店で働いていた販売の女性が、退屈な日々から一転し、出会い系サイトで男性と出会っちゃうという設定なのですが、その男性がなんと、殺人犯であるというもの。ちなみに、妻夫木聡さんが、その男性、祐一の役を演じられています。殺人犯との恋愛に溺れて行くという設定、聞いているだけでも面白そうですよね~!妻夫木さんは、何にも賞は受賞されなかったそうですが、嫉妬とかないのかなあ?なんてちょっと思っちゃいました。けれどきっと、一緒に映画を制作したもの同士で、「おめでとう!」という気持ちでいっぱいなのかもしれませんね。

国際ジャーナル 国際通信社発刊
あゆみの取材で・・報道通信社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 鈴木サチの妊婦ヌード

最近多いのが、妊婦さんになったモデルさんなどがヌードになること。一昔前、デミ・ムーアやブリトニー・スピアーズなんかが妊婦ヌードを披露していましたが、今は一般の女性でも自分の妊婦ヌード写真を記念にフォトスタジオで撮影することも珍しいことではなくなりましたよね。そんな妊婦ヌードブームの流れに乗ってか、月曜日から金曜日まで、午後1時半から放送される、フジテレビ系昼ドラ「天使の代理人」のオープニングで、「AneCan」でも大人気のモデルである鈴木サチさんが妊婦ヌードに初挑戦されたそうですよ。一般の女性よりは、やっぱりモデルさんの妊婦さんのほうが妊婦ヌードも決まるのでしょうか?こちらのドラマは、妊娠や出産など、命の誕生がテーマのようで、このドラマを制作している東海テレビが、9月15日に出産を予定している鈴木さんにお願いすることになったそうです。ちなみに当の本人はと言えば、「ちょうどマタニティーヌードを撮ってもらおうと思っていたんです」と喜んで承諾されたそうですよ。ただし、こちらのヌードに鈴木さんは顔を出すわけではなく、顔を隠す形で登場するのだそうです。去年の9月に結婚されたばかりの鈴木さん、幸せいっぱいの中の赤ちゃん誕生、女の幸せの絶頂期といえそうですね?!
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル なんか美味しいもの

「あ~ なんか美味しいものが食べたい!」このセリフが口をついて出る時は、私の場合疲れがたまっている証拠です。国際通信社の各雑誌で紹介しているような、美味しい料理とくつろげる空間を提供してくれるお店に行きたい。。なかなか行けませんけど(泣)
不況不況って言ってもね、やっぱり「食」を切り詰めるのはツライ。毎日贅沢なものを食べたいわけじゃないのです。主婦の昼ごはんなんて、そりゃあカンタンなもんですよ。「お父さんは小遣いカットでコンビニパンやらマッ○で凌いでいる」みたいな報道がされますが、わざわざ昼ごはんを買うなんてことはほとんど無いですからね、主婦は。冷蔵庫にあるもので済ませます。一汁一菜の世界です。
というか、主婦は「食事を作る人」であって、「食事をする人」じゃないなあと思うときがよくあります。作るのに30分かけても、食べ終わるのは10分とかね~。なんだか愚痴っぽくなってきた・・。要するに、美味しいものが食べたいと思うのは、作るのに疲れたってことですよ!たまには上げ膳据え膳されたいと。まあ 今月は無理だなというときは、グルメ特集とかを見て目で楽しんだり、池波正太郎や開高健のエッセイを読むと、食べたい!衝動が美麗な文章に昇華されて気持ちが収まります。
また逆に、頑張って美味しいものを自分で作るという方法も有りです。まあ安い材料で作るから大したご馳走が出来るわけじゃ有りませんが、パンとかは一生懸命作って焼きあがると、結構な達成感があるのです。「ざまあみろ!こんなに美味しいものを家でも作れるぞ!」とひねくれた喜びを覚えます(笑)でもそんな暗い遊びは長続きしないので、外食貯金を始めました。一日100円。出来ない日は10円。1ヶ月で何が食べられるでしょうね?




経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
じゃーなるの国際ブログ
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 免許更新

現代画報」の編集部の方たちが書いているブログをたまたま
見ていた時に、とある人が運転免許の更新について書かれてい
ました。免許の更新には、苦い想い出というか、肝を冷やした
ことがありまして、それをふと思い出しました。
 それは初めての免許更新でした。よく周りの人が、初回だか
らとか、優良だからとか、講習が長いとか、何曜日が込んでる
だとか、免許の更新に関していろんなことを話題にしているの
はよく耳にしていました。普通は自分の家にはがきが来るので
、それを持って警察署なり免許センターなりに行くわけです。
しかし、免許更新の日が近づいても私の元にははがきが届かな
かったのです。私が、引越しをしたにもかかわらず、免許の住
所変更をしていなかったのが原因です。そして、いつの間には
誕生日の一ヶ月後というのが過ぎてしまい・・・。それに気づ
いたのが、偶然そのとき生命保険に加入の種類を作成している
ときに、保険会社の人から免許証の提示を求められたときです
。「あれ?これ期限過ぎてますよ!」の一言に凍りつきした。
そのときは、猶予期間が半年間ぐらいあるらしく、何とか助か
りましたが、弱冠手続きが面倒くさくなってしまいました。
 みなさん、引越しをした際は、免許の住所変更をお忘れなく



tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル パッチ型のワクチンを開発

新しい「ワクチン」についての新聞で紹介されていました。

それは、肌に貼るだけで接種できるパッチ(貼り薬)型ワクチンの開発を、京都にある大学
の教授らが進めている・・・という記事です。

直径約1.5センチの円形シートに、ワクチンを含む糖質でできた円錐形の突起(直径0.3ミリ、
高さ0.5ミリ)が200~300本並んでいるものだそうです。肌に貼ると、数分後に体の水分で突
起が溶けて、ワクチンがしみだし皮膚から吸収されるのだそうです。

利点のひとつは、注射のように痛くないという事です。もうひとつは、皮膚の浅い部分にあ
ってワクチンに反応し、全身の免疫機能を活性化させる役目をもつ細胞に、十分な量のワク
チンが素早く届くことだそうです。注射の場合、血流でワクチンが拡散していくのに比べて、
少ない量でも免疫効果が期待できるそうです。

京都の大学教授は新聞の取材で「感染症が大流行してワクチンの製造が追いつかない場合な
どに威力を発揮する」と話しています。
実用化には、メーカーと携帯した上で薬事法に基づく治験が必要になるそうです。

インフルエンザに限らず「予防接種」は注射が多いと思います。子供を育てているお母さんは
予防接種を受けさせる際に、子供がかなり泣いて大変な思いをされるのではないでしょうか。
私自身も注射が苦手ですので、インフルエンザの予防接種すら受けません。肌に貼るだけでよ
いワクチンが世の中に出てくれば、こんなにありがたい話はありません。
子供も何の抵抗もなく、貼ってくれるのではないでしょうか。




経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
trip.bulog.jp
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 円高に対する日銀の対応をお願いしたい



毎日円高のニュースが続きますが、日銀の発表した追 加金融緩和による影響は
どうなっていくのでしょうか。日銀によると、追加金融緩和を決めた発表文のな
かでは「米国経済を中心に、先行きをめぐ る不確実性がこれまで以上に高まっ
ており、為替相場や株価は不安定な動きを続けている」と、日本経済の先行きに
慎重な見方を示している状況が あります。これによってどのような対応をとる
のか興味深い点があります。円高をもたらしている背景には何があるのでしょう
か。日銀では、米国 景気の減速と追加金融緩和の可能性による「ドル離れ」要
因があると分析しているのかもしれません。ですから、世界の余剰資金が円買い
に向かう 環境に変化はないといえます。国際ジャーナルでも、この日銀の対応
に対する分析を行って欲しいところですね。報道の中には円高を積極的に利用
すべきという意見もあります。これはどう考えればいいのでしょうか。中小企業
にはあまりメリットがないのかもしれません。政府・日銀には早急 な対策を
とってもらいたいところです。市場介入も視野に入れて、最近の急速に進む円高
阻止の行動を積極的に進めて欲しいところです。これ以上 の景気の悪化は日本
にとって悪影響が心配です。




報道ニッポンを求めて
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

nice2009

Author:nice2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。