FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル パッケージの印象

9月に入ったころからでしょうか。ドラッグストアや化粧品専門店を覗いてみると「秋の新製品」
と気になるような化粧品が販売されているのを目にします。

雑誌「報道ニッポン」で「美容と健康」をテーマにした特集が紹介されているかと思うのですが、
私は女性なので、やはり「美容」が永遠のテーマなのです。どうすれば実年齢より若く見えるか、
そして子供が通園する幼稚園では若くて肌の綺麗なお母さんが多いのです。「負けていられない」
とライバル意識を燃やしているところなのです。

私はよく、インターネットで「化粧品のクチコミ」を見ます。
9月頃に発売された新商品を使用された方がだいたいサンプルを使ったり、即現品を購入して使用
していたりの結果が9月下旬くらいからでしょうか、少しずつクチコミされていくように思います。
そのクチコミを見て、参考にさせていただいているのです。
もちろん、意見には個人差がありますが・・・。

女性の方々は、化粧品を探す際にまず一番に目に入るのは何でしょうか。「有名メーカーだから
名前を信じて」という意見もあれば、「パッケージを見て」という意見もあるでしょう。

私がよく見るクチコミは意外にも「パッケージに惹かれて」という意見を目にすることが多いの
です。お値段の高いものであっても安いものであってもこの言葉をよく目にします。

私が勝手に思っていることなのですが、パッケージのイメージというのは非常に大きいと思って
います。目立つような文字でその化粧品の効果を書かれていると「効果がありそう」というイメージ
を持ちます。またぱっと見ただけでも、「これは保湿」「これはアンチエイジング」とすぐに理解が
できていいと思うのです。そして、店でもどのような商品が目に入るかといえばシンプルなパッケー
ジよりは目立つようなパッケージなのです。

どのような商品が自分自身に合うのか、今後、探してみようかと思います。



国際ジャーナルから学んだ
mio.weblog.vc
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 住宅も個性の時代

最近気になる話題は住宅についてです。今住んでいるマンションもそろそろ古く
なってきたので、そろそろ一軒家に移りたいと考えています。現代画報にもよく
中小企業の工務店の話などもでていますが、最近の住宅業界においても、他社と
差別化を図るためには、いろいろなアイデアを実行している様ですね。この前新
聞に入っていた折込チラシで見たのですが、ここ最近は、建築家と一緒になっ
て、自宅をデザインしていく住宅販売の手法がある様です。これは、日本人のラ
イフスタイルの多様化という現象にもマッチした方法ではないかと思います。多
少費用は高くなりますが、材料の選定から始まって、間取りについてとか、備え
付けの家具にいたるまで、プロの建築家と話をしながら建てる住宅は、何か素晴
らしい住宅になりそうな気がします。住宅を購入する事は、一生の買い物になり
ますので、やはり充分に検討した上で納得のいく買い物をしたいところです。日
本人は遠慮しがちなところもありますから、自分から情報を集めて、質問をしな
がら商談をまとめていくのは苦手という人も多いと思います。そのような人に
とっても、安心した住宅を手に入れるためには、このようなサービスもいいので
はないかと思います。







国際ジャーナルで評論
trip.coresv.net
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ネットで覆ってゴミが減少

広島県海田町堀川町の国道2号交差点にある中央分離帯の植え込みで、ドライバー
によるゴミのポイ捨て防止用に国土交通省が張った合成繊維のネットが効力を発揮
しているのだそうです。

捨てたゴミがネットに掛かって目立ち、「ドライバーの良心に訴えてポイ捨て抑止を」
と7月下旬から試みたところ、最大で約6分の1に激減したといいます。国土交通省
は今後、別の箇所でも実施して環境美化とごみ処理費の軽減を目指すそうです。

この交差点では右折待ちする際に、窓から分離帯の植え込みに空き缶やペットボトルや
弁当の空き箱などを投げ捨てるドライバーが多く、回収処分量は1日平均でゴミ袋約20
リットル分に上ったといいます。7月上旬には「ゴミを捨てないで」と書いた看板を
立てたのですが、効果がありませんでした。

住民などから「見苦しい」と苦情も寄せられて、試験的に植え込みをネットで覆ったところ、
まもなく1日3~5リットル台に減少したといいます。
関係者は「ネットの効果は予想以上で驚いている。分離帯に散乱するゴミを不快に思う人は
多く、成果に期待したい」と話していました。
ネットで覆わないとゴミが減らないというのが非常に残念な話だと思うのです。1人1人が
常識ある行動をとればゴミのポイ捨てなどありえないのですが・・・。
ちなみに私の家の近所でもコンビニで購入したであろうおにぎりやパンなどの袋が道端に
捨てられている光景をよく見かけて「見苦しい」と気分を悪くしています。
法律を作るなどして厳しく罰して欲しいと思う行動だと思っています。


見聞国際通信社
国際ジャーナル 世界のアイデア商品
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ネット選挙に賛成です!

報道ニッポンの2010年10月号に、「ネット選挙運動解禁へ向けて」

という特集記事を見つけました。



ネット選挙、大賛成です!



不在者投票をするのだって、経費はかかるはずです。

たしか、不在者投票の期間の作業員として、派遣を募集していたのを知っています。

そして、私自身が選挙当日、派遣され投票作業に携わりました。



当日の作業はともかく、いつ来るかわからない不在者投票者を待つために、

派遣を数日間も雇うなんて、経費の無駄ではないでしょうか?



勝手に、考えているだけのことなのですが・・・



ネット投票にすることで、かなり作業も楽になるはずです。

選挙対象者全員、ひとりづつにIDを与える。

保護シールつきのハガキを使えば、可能なはず。

市役所などのサイトにいき、そこの指定の場所に、IDを使って入り投票をする。

ネット選挙で投票された内容は、自動的に集計される。

自動的に集計されるだけで、かなり作業が減るはずです。



投票所ではないと、立ち会い人がいないからダメ・・・



そんなことはないと思います。

立会人がいても、いなくても、さほど心配することではないと思います。

かえって、自宅でゆっくり、マニュフェストでも見直ししながら投票した方が、

絶対に日本にとって、有意義な選挙になるのではないでしょうか。


現代画報を求めて
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 卵かけごはん

新聞に載っていた記事なのですが、福岡県飯塚市の養鶏場が運営する「卵かけ
ご飯」の専門店が人気を集めているのだそうです。
「卵かけご飯」をよく食べる・・・という人は多いのではないでしょうか。
ちみなに私はあまり好まないのですが・・・。

なんとこの専門店は食べ放題なのだそうです。大変驚きました。
しかも価格が350円というお手頃価格だそうです。低価格ということも
あってか、県内各地から連日多くの人でにぎわっているそうです。

場所は飯塚市内にあるそうです。そして養鶏場は店の横にあるそうで、卵
や洋菓子などの直売店を運営しているとのことです。新聞には店の名前も書いて
ありましたが、ここではあえて伏せさせていただきます。
養鶏場直売店では、4、5年前から平日の昼に客からの注文があるときだけの
「裏メニュー」として卵かけご飯を提供していたとのことです。

ところが、多くの常連客から「平日意外にも味わいたい」との声が寄せられて
8月中旬に店をオープンさせたそうなのです。
新鮮な生卵とご飯、スープ、漬物がセットになっていてスープ以外はおかわり自由。
ご飯は有機肥料と減農薬で育てた自家製米で、卵はだし入りの専用しょうゆで味付け。
辛子明太子や玉子焼きなどのトッピング材も別料金ではあるものの用意しているとの
ことです。
とても魅力的なメニューですし、仕事の合間にもすぐに食べることができる食べ物。
新聞に取り上げられたことで、ますます人気を集めるのではないでしょうか。


あんそにの国際ジャーナル
現代画報社 高齢者を襲う事件(詐欺、火災、地震)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル スポーツを取り入れた「婚活」

最近、スポーツ離れをしている人が多いのでしょうか・・・。
その若者のスポーツ離れを食い止めようと、文部科学省が進める「スポーツ婚活」
の第一弾として、テニスを通じて独身男女が交流する「カップルテニス スポーツで
婚活」が10月11日に、都内にあるトレーニングセンターで行われたそうです。
今、スポーツ離れが多いと同時に「婚活」を目的としたパーティやイベントが増えている
ようにも思います。これも時代なのでしょうか・・・。

一般の男女計8人に、ゲストとして2003年世界陸上マラソンの銅メダリスト、千葉真子
さんを加えた9人が参加したそうです。男女ペアになって、時折歓声をあげながらボールを
追いかけたということです。

プレー後は立食形式の昼食会も企画されていて、参加者同士が笑顔で会話する姿も見られた
とか。自ら「婚活中です」という千葉さんは「スポーツをする男性はかっこよく見える。
こういうイベントはどんどん広めてほしい」と新聞取材で話していました。

この「スポーツ婚活」は、文部科学省が8月に策定された「スポーツ立国戦略」に
盛り込まれた施策だそうです。

スポーツ振興と少子化対策の両面の効果を狙ったもののようですが、スポーツに関しては
個人の意思次第かもしれません。が、少子化対策については今の日本の現状ではなかなか
解決できる問題ではなさそうです。国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたので
すが、今は不景気です。この状況で安心して子供が産めるでしょうか。


報道ニッポンで取材されました
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 客室乗務員が薬物で逮捕

新聞記事に載っていたものですが、神奈川県警薬物銃器対策課と山手署が
日本航空の客室乗務員の43歳女性を、覚せい剤取締法違反容疑で10月7日に
逮捕したことが分かったのだそうです。
捜査関係者によると「開始やの将来に対する不安と好奇心から、数ヶ月前から使用
していた」と供述しているということで、容疑を認めているそうです。

逮捕容疑は9月23日の午後6時半ごろ、交際相手の無職男性のマンションで
覚せい剤0.9グラムを約3万円で譲り受けたといいます。
県警によると、女性容疑者は国内線に乗務しているそうです。
そして自宅マンションの寝室から覚せい剤が入っていたとみられるポリ袋や
吸引用のストローが見つかっているそうなのです。

本当に絶えることのない「薬物」。以前には雑誌「現代画報」にも載っていたよう
に思います。
どんなに自分がつらい思いをしようとも、どんなにストレスが溜まっていようとも
決して薬物に手を出してはいけないのです。薬物は、テレビからの情報で聞いた話
によれば、たった一度でも手を出すと一生壊れた自分と戦っていかなければならない
そうなのです。そんなに苦しい思いをしてまで薬物を使用したいのでしょうか。
自分の身に何か起きた時、発散するには他にも方法はあるはずなのですが・・・。
くどいようですが、自分の身に何かが起こっても決して薬物には手を出してはいけません。
薬物は世の中から消え去るべき物なのです。


国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
商法総則 by 国際ジャーナル
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル スペシャルオリンピックス日本

大阪府で11月5~7日に開催される知的障害者のスポーツの祭典
「第5回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪」
について、主催する認定NPO法人「スペシャルオリンピックス日本」は10月4日
に、大阪市内のホテルで記者会見を開いて大会概要を正式に発表しました。
この様子はテレビのニュース番組でも放送されていました。

11月5日の午後4時から大阪城ホールで開会式が行われ、府内10会場で水泳や
陸上、バドミントンなど12競技を開催するそうです。
参加選手は過去最多の1048人で、来年のギリシャで開かれる世界大会の国内予選
を兼ねているそうです。
NPO法人理事長でバルセロナ五輪銀メダリストの有森裕子さんも記者会見の場に姿
を見せていました。
「関西では初開催。多くの人の会場に足を運んで欲しい」と話していました。

国際通信社から発行されている雑誌には様々な人々を紹介している記事が載っているかと
記憶しています。
この世の中には様々な人が生きています。今回のオリンピックの存在を私はテレビを
見るまでは知らなかったのですが、存在を知り選手のみなさんを心から応援しようと
思っています。どんな大きな壁にぶつかろうと、一生懸命練習されているのだと思い
ます。その結果をぜひ、今回のスペシャルオリンピックス日本で発揮していただきたい
ですね。きっと多くの人が勇気と元気をもらうことでしょう。


子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルとうい媒体
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 気になる今後の中国との関係について



このところ、中国との外交に関する緊張状態が続いて いますが、中国河北省石
家荘市でスパイ容疑として取り調べを受けていた日本人4名に新たな展開があっ
た様ですね。これは建設会社「フジタ」の 社員ら4人のうち3人が釈放された
というニュースです。この背景にはどのような思惑があるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この事件とこれ からの日中関係については、詳細な分析を
行って欲しいところです。尖閣諸島付近での漁船衝突事件以降、関係がぎくしゃ
くしている日中関係です が、やはり正常な状態へのの修復が求められていると
思います。中国政府の考え方はどのようになっているのか気になるところです。
フジタ社員の 残る1人の釈放の見通しはどうなんでしょうか。一刻も早い釈放
をしてほしいところですね。中国政府は謝罪と賠償を日本政府に求めるなど、今
ま で強硬な態度を崩していませんでしたが、このような態度はいつまで続くの
か疑問なところです。中国政府としても、国内向けに日本への強い態度 を表明
しないといけないのかもしれません。レアアースの輸出についてもそうですが、
中国とのビジネスには、やはり一定のリスクがあると考える べきなのでしょう
か。この点は気になるところです。





経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
oscar.coresv.com
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル レアアースの安定供給に対する政府の対策は?



中国との漁船衝突事件において、レアアースの輸出が 滞るという事態が発生し
ていますが、政府の大畠章宏経済産業相から、レアアースの安定的な確保に対す
る対策指示が行われたようですね。これ は、ハイブリッド車などのエコカーや
家電製品の性能向上などに使われるレアアースについて、臨時国会に提出する補
正予算案の中で、レアアース の備蓄などの対応策を盛り込むという方針のよう
です。日本の経済にも大きく影響してきますから、早急に実現して欲しいところ
ですね。国際 ジャーナルでも、この中国におけるレアアースの問題について
は、詳細な分析を行って欲しいところです。経済界においても、経団連からは、
代替 品の開発などに政府として取り組むことなどを求める意見が出ている模様
です。国家全体としての取組みが必要となっています。レアアースです が、中
国が実に世界需要の約9割を供給しています。ですから、日本企業としても、そ
の供給のほとんどを中国に依存している状況になっていま す。このような状況
では、レアアースを使った商品の生産が、中国の動向によって左右されることに
なります。この点については、これから日本政 府としても、抜本的な対策が必
要になってくると思います。





国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
報道ニッポンとの巡り合い
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

nice2009

Author:nice2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。