FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル これからの日本外交における戦略とは何か?

日本がこれから世界の中で進むべき道はどのように考 えればいいんでしょう
か。その点については、国際ジャーナルでも分析を行って欲しいところです。特
にアジアの時代と言われる様な状況の中で、 東アジア共同体のような発想を、
本格的に実現していくのも重要なことなんでしょうか。これについてはいろいろ
と考えてみたいところです。最近 の日米関係についても、これからの在り方を
問う声がマスコミにも書かれています。民主党になってから、日米関係がうまく
いっていないと感じる ところもあります。日米の必要性は、いままで以上に大
きくなっていると思いますが、中国との関係も見ながら、新しい関係構築が求め
られている のかもしれません。尖閣諸島沖での衝突事件が発生してから、日本
政府の外交における対応が国民の目に晒されています。国民の中では、もっと強
い対応を求める声もでていますが、日本政府としては、根本的な戦略を立てるべ
きではないでしょうか。外交については難しい面もありますから、 短絡的な感
情で、物事を進めるべきではないと思います。21世紀において新しい日本の外
交戦略を、これほど求められている時代もないかもしれ ません。その点につい
ても注目したいと思います。





ROD
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 脳を起こせ!

朝6時、起きてまず最初に、体を起こすためのストレッチをしています。TVのニュース番組を見ながら5分くらい。それから顔を洗って着替え、シナモンの利いた甘い紅茶を淹れます。普段は紅茶に砂糖は入れないけれど、朝だけは別です。程よい甘さに目が覚めます。ゆっくり半分くらい飲んでから、洗濯機を回し、弁当と朝食の用意をします。家族を送り出して8時、一人でゆっくりめの朝食を食べます。いつもメニューは同じで、トーストと半分残しておいた紅茶に牛乳を足したミルクティー。ホントは野菜とか食べた方がいいんだけど、これだけでも一気に体が目覚める感じです。
国際ジャーナルで「朝ごはん抜きは脳への“虐待”」という記事が載っていますが、正にその通りで、朝を抜くとその日は何をしてもダラリと締まりの無い一日になってしまいます。体というよりは、頭の回転がイマイチになるのは、やはり脳のごはんが糖質だという証拠なのだと思います。米でもパンでもとにかく炭水化物を摂って脳に糖質を送り込まないとダメですね~。
朝食を食べない子供が増えているとよく聞きますが、子供たちこそ朝はしっかり食べないとダメですね。特に小学生は早弁なんて出来ないわけだし(笑)。給食の時間まで空きっ腹で授業なんか受けてられません。集中力が無くなるのは当たり前です。お母さんの早起きは必須。。でも、早起きして朝ごはんをしっかり食べて脳を起こせば、一日がスムーズに始まるのですから、毎日三文の徳を得られていいんじゃないですかね。





現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
続 国際通信社のブログ旅
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 賢くなるカメラ

近年の女子のカメラ熱は冷めるどころかヒートアップしてますよね。幼稚園ママたちが持っているカメラが一眼レフとか、当たり前になってきました。本屋に行けば女子のためのカメラ本がずらーっと並んでるし、写真ブログも盛んです。完全に使えるおもちゃ状態ですわ。
これに伴ってデジカメもどんどん進化してますよね。国際ジャーナルに「デジカメの顔検出機能の利便性について」の記事が出てますが、この顔検出機能って賢い。例えば富士フイルムの最新型では、専用チップを内蔵していて、人物の顔の位置や明るさを最短0.05秒で判別し、ピントや露出を最適な値に調整してくれちゃう。ピンボケや顔が暗く写るなんてことは無くなるわけです。キヤノンだって負けてない。新型画像処理エンジン「DIGIC III」は、画像処理の速度を上げ顔検知技術を高めたことで、カメラが複数の人物の顔を自動的に認識して、ピントや露出を合わせられるようにしてくれます。誰か一人がピンボケになったりしないってことですよ。すげー。我が家の旧旧旧~型デジカメなんて、室内で撮ろうものなら全部ピンボケてますから。。それにシャッタースピードがとにかく遅い。。ヨイショって感じで撮ってます。いい加減買い替えなきゃなあ。腕が悪いからってカメラは諦めてたけど、カメラ業界の技術がここまで着実に進歩してるのなら、私のようなオバサンのヘタレカメラマンでも結構良い写真が撮れそうじゃないですか。



国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
ますだの現代画報
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本製の腕時計は、テロリストご用達らしい

ひええ~、面白いニュースを発見!なんでも、アメリカの大手紙に、タイムズスクエアでの爆破テロ未遂事件で、日本企業製の腕時計が部品として使われていたと報じたそうです。使われたのは、日本の有名メーカー製の腕時計だそうで、テロリストの愛用品だそう。なんでも、30ドル前後なのに、品質が良く、電池の寿命が長い上に時間を正確に知らせてくれるからというのが、その理由だそう。そこで日本製の腕時計は、「テロリストご用達」として、アメリカ当局は空港の安全検査院に、「日本メーカー製の腕時計を身につけた怪しい人物をチェックするように」といっているとかいないとか。ちなみに今年5月に、サウジアラビアに逃亡していたアル・カイーダのメンバー2人が逮捕され、アメリカに引き渡されたことがあったようですが、この2人も任務の一つに日本製腕時計の収集があったそうですよ~。これって、日本にとってはよいんだか悪いんだか。。。テロリストも一応お客さまってことになるわけですよね。空港の検査で引っ掛かったとしたら、日本製の腕時計をしていたからってことも今後はありうるわけですね!海外旅行に行く方は、腕時計は日本製以外のがよいのかも?

あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル おしゃれなステテコが人気あり

年配の男性に愛用者の多かった下着「ステテコ」が、最近は若い男性に売れているのだそ
うです。おしゃれな柄物が登場して、部屋着としても人気が高まり、自分用に買っていく
女性もいるのだそうです。

大阪府にある下着メーカーが運営するウェブサイトによると、ステテコは明治時代に着物
やハカマの下に履くものとして誕生したそうです。明治13年ごろに落語家が舞台で披露し
た半モモヒキをみせる踊りが「ステテコ踊り」と言われたのがきっかけで、半モモヒキを
「ステテコ」と呼ぶようになったのだそうです。面白い由来があるのですね。

「年配の男性が履く」というイメージの強いステテコですが、最近の若い男性に売れている
ステテコは白や肌色ではなく、カラフルな柄物が人気だといいます。
下着メーカーの広報担当者によると、「梅雨の時期にはムレ対策としてスーツの下に着て、
夏場は1枚で部屋着として使うこともでき、両用できるのがいいところです」とステテコの
魅力を話していました。

ある百貨店では2009年から、若者に向けてのステテコ販売に力を入れているそうです。今年
は展開ブランドを1.5倍に増やして、紳士肌着売り場に100種類を揃えたということです。

花柄やアロハ柄、ジーンズプリントを転写したものなどバラエティが豊富で、価格は1785円
から6300円だということです。いいお値段だと思いますが、ステテコは風通しがよいという
イメージが私の中にはあります。夏場には、女性でも部屋着として身に着けていると、以外
と動きやすくて心地よいのかもしれません。私も興味が沸きました。夏の暑い季節に部屋着
として身に着けてみたいような気がします。




現代画報との出会い
press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル アイフルのCM打ち切りに。

経営再建中の消費者金融大手といえば、みなさんご存知「アイフル」ですよね。過去に行政処分を受けちゃってから、だんだん影が薄くなってきた感のあったアイフル。そのアイフルが、テレビCMを中止することにしたそうです。アイフルといえば、おじさんとチワワの愛らしいCMが人気でしたが、武富士の破綻の影響で、経営環境が一段と厳しさを増しているそうで、さらなるリストラが必要だったのだそう。現在アイフルが運営している中小企業向けの無担保ローンを展開する子会社ビジネクストも売却する方向で交渉しているうえに、無人店舗の追加閉店もするようですよ~。そんなに大変なのか、アイフル!去年、事業再生ADRを申請して、住友信託銀などの支援を受けて、事業再生に取り組んでいるアイフル、やっぱりお金には余裕がないようですね。やっぱりアイフルはCMで人気が出たものの、裏では強引な取り立てをしていたとして、全店営業停止の行政処分を受けてしまってからは下り坂のようですね。アイフルがCMやら無人店舗約30店の追加廃止やらで削減できる経費は、なんと数億円規模だそうですから、仕方ないですよね~。それから、子会社の売却先は、東京スター銀行を軸に調整しているそうですよ。



現代画報の通信日記
経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 羽田空港の国際化に期待する

これからの日本経済の活力を取り戻すと言う点から、 最近ニュースになった羽
田空港で4本目の滑走路が運用を開始したという事に興味を持っています。この
運用開始によって、羽田空港は国際化が加 速していくと思います。その効果は
どのように試算すればいいのでしょうか。国際ジャーナルでも、その点について
の情報を提供してほしいところ です。新しい滑走路の運用開始によって、羽田
空港の発着枠が、2割増の年37万回となります。これは大きな変化です。ま
た、32年ぶりに国際 定期便が復活する事にもなりました。これから、羽田空
港は、東京に隣接する国際空港として、その役割は今まで以上に重要なものに
なっていくこ とが考えられます。実際のところ、チャーター便扱いだった従来
の東アジア4路線に、北米や欧州、シンガポール、バンコクなどが加わって国際
線 は計17路線と、大幅に増加することが計画されています。新しい羽田空港
は、その利便性も高くなっています。従来の成田空港との競争が、これ から激
化してくることが予想されます。いずれにしても、日本の将来にとって役に立つ
空港になって欲しいと思います。これからも羽田空港の動向 については、注目
していきたいと思います。



現代画報を求めて
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 学校の飼育動物が減っている?

新聞に載っていたのですが、大阪府内の公立幼稚園、小中学校の飼育動物が減少している
ということが、府の教育委員会の調査で分かったのだそうです。

飼育数が最も多いウサギは今年度、昨年度と比べて15.5パーセント減の1298匹という
数字が発表されました。10年とされる寿命や昨冬の寒さなどによる死亡が主な原因とみられ
ていますが、教職員が出勤しない休日に世話できず、休み前にまとめてエサを与えるなどの
飼育環境の悪さが一員とする指摘もあるようです。

府の教育委員会は「獣医師と連携して、保護者や地域ボランティアの協力も得て適切な環境を
整えたい」と話しています。
また、飼育動物へのエサのやり方などの実態調査は教育委員会が2005年度から実施してい
るそうですが、飼育数については昨年度から大阪市、堺市意外の41市町村を対象に把握して
いるそうです。今年度は647校園が飼っていますが、数がウサギに次ぐ鶏も昨年度に比べて
19.4パーセント減の258羽まで少なくなっているといいます。

一方で「休日前の多めのエサやり」は5年前から問題視されていますが、今年度も全体の半数
を超える351校園で続けられるなど、改善されていないことも判明しています。
「多めにエサをあげれば大丈夫」という考えは間違っていると私は思います。
学校や幼稚園など、子供に様々なことを教える場で間違った飼育方法、問題だといわれている
飼育方法を行ってはいけないと思います。
私が子供の頃にも飼育小屋にウサギや鶏がいました。おそらく、その頃から間違った飼育方法
がされていたのかもしれません。きちんとした対策を考えるべき問題だと思います。


報道ニッポンで取材されました
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 運動会シーズン

国際通信社が発行している雑誌には、「季節」を取り入れた記事がおそらく紹介されているかと
思います。

季節によってイベントが行われたり、家庭で必ず行うことなどがあるかと思うのです。

今でいうと「運動会」シーズンではないでしょうか。
自分の子供がどれだけ成長したかを見るのにいい機会なのだと思います。

先日、我が家でも子供が通園する幼稚園で運動会が行われました。幼稚園の運動会は午前中で
終りましたが、家族が参加したり、地域の高齢者が参加したりと大変充実した運動会だったと
思います。

我が家にとっては初めての幼稚園の運動会。子供がどれだけできるかどうか前日から私は緊張
していました。運動会の数日前に同じクラスの男の子から「いつも動きが遅いから、僕困ってい
る」ということを直接聞いたものですから、本当に大丈夫だろうかと心配していたのです。

運動会当日、我が子はかけっこは一番最後、リズム体操ではクラスの輪からずれて体操していま
した。違う意味で目立っていたかもしれません。が、私からすれば「とても成長してくれた」と
幼稚園の先生方に感謝したのと、練習を頑張った我が子を誇りに思いました。
運動会をきっかけに今まであまり話をしなかったお母さん方とも話をすることでコミュニケーション
をとることもできました。
主人は「むかで競争」に参加しましたが、普段仕事をしているために運動不足だったでしょう。
少しの時間でも体を動かすことによっていい運動になったのではないでしょうか。
カメラマン役も頑張ってくれたかと思います。

私も子供の頃運動会を経験してきましたが、「しんどい」「暑い」としか思わなかったのですが
親の立場になってから、運動会というのは素敵なイベントなんだと改めて思ったのです。




報道通信社 取材
keiba.bulog.jp
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 往診システム

「最期まで自宅で暮らせる町」を実現しようと、東京大学は千葉県柏市などと
共同で、在宅医療システム構築のためのモデル事業を来年度が柏市で始めるの
だそうです。医療に関しては、国際通信社から発行されている雑誌にも様々な
内容で載っていたように思います。

開業医向けの研修プログラムの開発や、医師同士の連携体制をつくり、在宅療養を
希望する人に医師や訪問看護事業者らを紹介する窓口の設置などが柱になっている
そうです。
都市部の高齢化に伴って、在宅医療ニーズが急速に高まるのに備えて、各地で応用
できるモデルを4年以内につくって、全国での普及を目指すということなのです。

研修が行われるそうですが、この研修を終えた医師は外来に加えて往診も行う
ことになるようです。が、1人で365日24時間対応するのは難しいでしょう。
このために、柏市医師会が主導して開業医のネットワークの構築や開業医をバック
アップする体制を作って、患者情報の共有も進めるということです。

在宅療養ということになると、家族や周りの人が大変かもしれません。
が、そこで医師や訪問看護士などのバックアップがあり、安心して自宅で生活を
させることができるという素晴らしいものです。
中には「病院のほうが安心」という人もいるかもしれません。が、「自宅で最期
まで過ごしたい」と思っている人も多いはずなのです。
そんな人たちに手を差し伸べてくれるシステムがあれば、高齢者も安心して日々を
送ることができるかもしれませんね。


国際ジャーナルに出現
ROD
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 裁判員裁判で初の死刑判決

11月16日、テレビや新聞では大きく取り上げられていた話題でした。
それは、裁判員裁判で初の死刑判決が出たということでした。
この裁判員裁判については、制度が導入される際に雑誌「現代画報」で
取り上げられていたように思います。

死刑判決が出た裁判の裁判員を勤めた50歳代の男性が、判決後に記者会見
を行ったそうです。

死刑か否かの判断を迫られたことについて「毎日、気が重かった。被告に
対して遺族にも、今思い出しても涙が出る」と話したのです。
「死刑制度に裁判員として加担したくないという声もあるが、量刑は公平に
決められている。裁判員をやってよかった」とも述べました。

今回の裁判員裁判で裁判長が被告に控訴を勧めたという事ですが、「被告は
生きて被害者の命日に花を手向けたいと話していた。私も控訴をお願いしたい
と思う」と話、裁判員らの意向を酌んだ発言だったことをうかがわせました。

刑を決めるというのは本当に難しいものです。日ごろはサラリーマンや主婦、
商売をしている人などがいきなり人1人の刑を決める・・・というのはつらい
ことかもしれません。私であれば、やはり何日も悩むでしょう。
今回の裁判員裁判で裁判員に選ばれた人たち、今後、精神的にどのように感じ
られるのでしょうか。


bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
報道国際通信社の取材
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル カンブリア宮殿。

以前録画していたカンブリア宮殿という番組を見た。有名なカレーチェーン「CoCo壱番屋」の創業者夫婦にスポットを当てた回であった。素人から飲食店を始め、オープンして3日目にして閑古鳥が鳴く始末。お客様のことを考えなかったためにカレーがぬるかったり、コロッケがこげてしまったりということがオープン時に続いたためだそうだ。それからお客様至上主義を徹底し、掃除を毎日入念にやり、クレームの改善を徹底し、今の地位を築き上げた。
 同じ飲食店として、学ぶことが多かった。お客様のことを常に意識して考えていくことの必要性。お客様が気持ちよく、おいしく食べていただけるために常に精進すること。お客様目線で店内を見ることを忘れないこと。頭にはあっても常に実践はできないことばかりだった。掃除もつい怠るときがある。
 現実にあそこまで大きなチェーン店にしたいとか思っているわけではないが、やはり自分の店もある程度の繁盛店にしたいという野望はある。成功者に学ぶことはとても大切だ。実際に店でもできそうなアイデアがいくつか浮かんだ。早速今日から実行したいと思う。そして夢は大きく、彼らのように上を目指すことにしよう。

報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
現代画報 料金と価値 現代画報社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル インフルエンザワクチンの副作用

厚生労働省が11月8日に、インフルエンザワクチンの副作用が疑われる今季初の
死亡例の報告があったと発表したそうです。新聞記事に載っていました。

心臓病や気管支ぜんそくを治療中の山形県内の80歳代女性が、接種後に抗生物質
を服用して、アレルギー性のショックを起こして死亡したということなのです。
この女性は10年前から毎年ワクチンを接種していたそうで、同種の抗生物質も
時々服用していたといいます。が、ショックを起こしたのは初めてだということなのです。

今季のワクチンはテレビや新聞でも報道されているかと思うのですが、新型と季節型の
A香港型、B型の3種混合で、すでに約2500万人分を出荷しているそうです。
これまでの副作用報告は162人で、このうち重い副作用は今回を含めて20人出ている
ということなのです。

時季の新型ワクチンは約2100万人に接種されていて、133人が亡くなっている
そうです。医師が「接種と因果関係がある」と報告したのは3人ですが、いずれも後で
否定されているということです。

インフルエンザワクチンの接種を「受けよう」「受けない」と意見は様々だと思います。
以前には雑誌「現代画報」でも「インフルエンザワクチン」に関する記事が載っていたよ
うに思います。副作用の話を耳にすると、怖くなって受けるのをやめようと思う人もいる
ことでしょう。みなさんは接種されますか?


国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
国際ジャーナルで扱う詐欺問題
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 便利なもの

最近、私の家の近所にあるイオンが「ネットスーパー」を始めたそうです。
他の地域のイオンや他のスーパーではすでにネットスーパーが取り上げられていたかもしれません。
が、家の近所のイオンではネットスーパーがありませんでした。

店内にも大きなポスターが貼られており、ネットスーパーの便利さ、利用方法などの紹介がされて
います。
今のところ、私自身ネットスーパーは利用したことがなく、天候に関係なく自分から店舗に行くこと
がほとんどなのですが、確かに便利なものだと思っています。
私は2度出産をしているのですが、出産直後というのは外出ができませんでした。週末に主人にまと
めて買い物をしてもらったのを覚えています。
ですが、数日経ってから「あれがなかった」「これがなかった」などなることもあり、非常に
困りました。
そのような時にネットスーパーを利用していれば、どれだけ助かっただろうと思います。

ただ残念なことに、私が2度出産した時にはネットスーパーがありませんでした。

注文する日の午前中の注文締め切り時間によっては、注文をしたその日のお昼には届くというのです。
大変便利ではないでしょうか。
出産直後はもちろんですが、子供が熱を出したり、自分自身が怪我をして外出ができなかったりする
場合にも助かるシステムだと思うのです。もちろん、高齢者の方にも便利なものだと思います。
私は、今後利用することがあるかもしれません。



現代画報 詐欺・強盗事件の増加と若者 現代画報社
国際ジャーナルを求めて
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 小沢氏の中国訪問は難色

日中間の草の根交流「長城計画」、民主党の小沢一郎元代表を務めていますね。

小沢氏に近い国会議員を中国に派遣したいと中国側に調整をしましたが、

小沢氏が政治資金問題を抱えているということを理由に、中国側は受け入れに難色を

示しているようです。



中国側の理由としてはそれだけではないのでしょうが、今さら友好気取る

小沢氏もどうでしょうか・・・



昨年12月に小沢氏は、民主党所属の国会議員約140人を引き連れ訪中しました
が、

それ自体、信じられない行動だと思っていました。



小沢氏は中国との関係が友好であるように振舞っていましたが、結局、中国側にとっ


小沢氏はキーマンにはならない人物なのでしょうね。



中国と日本の関係の橋渡しになる人が民主党にはいないことが、今回の件ではっきり
した

ように感じます。



国会では子どもの喧嘩のような場面ばかりで、こんなことで高給取っているのなら
ば、

だれでも政治家になれる気がします。

管首相の言葉全てを否定する、だから管首相は何も言えなくなる。



そうではないでしょう・・・



管首相、もっと機敏な行動に、はっきりとした言動はできないのでしょうか?

当初からささやかれてはいましたが、先々がとても不安な管政権であることは確実に
なって

きてしまったのでしょうか。



日本の政治家ではなく、政党の政治家ばかりの日本では、中国やロシアの言いなりな
お国に

なってしまうのではないでしょうか・・・




国際ジャーナル オンライン
国際ジャーナルで掲載
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 男性化粧品

雑誌「報道ニッポン」には美容、健康をテーマにした特集が紹介されていたように記憶しています。

「美容」といえば女性が日頃から基礎化粧品プラスマッサージやシートを使ったり、お手入れを
念入りすることで実年齢より若く見られるよう努力したり、肌をいつまでも美しく保ったりすると
いうイメージがあるかと思うのです。

近頃は、女性だけではなく男性専用の化粧品も数多く販売されているようです。
毎日洗顔料を使って洗顔をされる男性は多いかと思うのですが、洗顔料だけでは終らないようです。

最近メディアでも取り上げられる機会が増え、メーカーも本腰を入れ始めているようなのです。
地域によっては男性向けの化粧を教えるイベントも開催されているようで、普段の会話には出てこ
なくても「かっこいい」と言われる男性は肌の手入れも努力しているのだそうです。

どのようなものが世間で販売されているのか見てみると、洗顔フォームはもちろんのこと、
化粧水、乳液、クリームは当たり前で、パックや美容液なども販売されているのです。女性の
基礎化粧品でもよく店頭で見られるような種類なのではないでしょうか。

そしてこれからの季節、気温が下がり風が冷たくなってくると肌が乾燥してきます。乾燥対策の
商品も販売されているようです。
洗顔フォームも「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」というように自分の肌にあったタイプが
選べるようになっています。
また、女性化粧品では最近よく聞く「コエンザイム」。このコエンザイム配合のクリームが男性
化粧品でも販売されているのです。

芸能人ではない一般の男性もこれからは「洗顔後はしっかり肌のお手入れを」という習慣が必要なの
かもしれませんね。



あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 釣り

国際通信社が発行している週刊誌「国際ジャーナル」に
「株式会社 ウォーターベース」という会社が紹介されて
いました。社名を見れば水に関連する事業をやられていると想像
がつきますが、この会社は釣り道具の製造・販売をしている会
社のようでした。玄人好みだった釣り用具を、カラフルでとっ
つきやすいものとして変身させたことにより、女性やビギナー
でも手に取りやすいものにしたのだとか。
 確かにつりというと、お父さんの趣味といったようなイメー
ジがあります。しかも、サラリーマンのお父さんの週末の趣味
、唯一の生きがいといったような印象があります。
しかしこの間、意外なところで釣りの話題が出て驚いたことが
あります。とあるお笑いタレントさんと、とあるロックミュー
ジシャンの対談の場に私がいたときです。そんなところになん
で私がいたかというと、そのロックミュージシャンのファンだ
ったので、知り合いに頼んでもぐり込ませてもらいました。対
談の場に居合わせたのも初めてだったんですが、意外とたくさ
んの人がいる現場でした。なんのためにいるのかわからない人
が多数、のような感じでした。2人とも30くらいの年齢では
あるものの、お父さんのイメージとはかけ離れた世界の人なの
ですが、かなりの釣りファンでした。地方の穴場スポットを2
人で言いあって納得したり、本当に意気投合といったような感
じでした。周りの私たちはマニアックすぎて何処のことを言っ
てるのかさっぱりでしたけどね。




国際通信社Booksブログ
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル もしもし?

国際通信社国際ジャーナルに「通信」に関する記事が紹介されていたように記憶しています。

今の時代、知人や友人に用があれば携帯電話を使ってメールを送ったり携帯電話を使って会話
をしたりするのが当たり前になっているように思います。
そんな時代でも家には固定電話があり、固定電話を使って用件を伝えたりすることも多いのでは
ないでしょうか。

ある新聞に「電話に出た時にもしもしというのはどうして?」という疑問が読者から寄せられて
いたのです。
電話がかかってきた時、携帯電話でも固定電話でも「もしもし」と私も言います。
この「もしもし」という意味は何なのでしょうか。

新聞社があるテレビ局に聞いたところ、「もしもし」の「もし」とは、元々「言う」の謙譲語
「申す」が語源なのだそうです。昔は、目上の人に呼びかけるときに「申し(もうし)」と言った
そうで、時代と共に単に相手を呼ぶ言葉になったのだそうです。
その「申し」を重ねて「もうしもうし」。これが縮まり「もしもし」となったようです。

といっても、どうして「もうし」を2度重ねるのでしょう。
ある学者の話のよると「気のせく際の重ね言葉ではないか」と推測していて、ちょっと急いでいる
時に同じ言葉を重ねてしまったのが今に引き継がれているようです。

普段、何も考えずに電話がかかってきたら「もしもし」と出ていたのですが、実はそういった
語源があるのです。初めて知りました。
しかも「もしもし」というのは、急いでいる時に「もうし」を重ねて言ってしまったのが今も
引き継がれているとは面白いですね。もし、急いでいなければ今頃私たちは「もし」「もうし」と
重ねずに電話に出ていたかもしれませんね。

先日、私の主人は急いで電話に出た時に「もしもし」ではなく「もしもしもし」と3度重ねて
電話に出ていました。今でも思い出すと吹き出してしまいます。



現代画報社 取材
cars.ebb.jp
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 美しいものが見たい

このところストレスが溜まり気味です。自分の時間が取れてないわけじゃないんですが、他の事で疲れちゃって、空いた時間を睡眠に充ててしまったり、うっかりネサフで迷子になったり。。いや、こんな事もできずに働いている人の方が断然多いと思います!お前何様だ!と言われても仕方ない、申し訳ない気持ちにもなるのですが、せめて「もっとガッツリ上手に時間を使えたらいいのに~」と泣きが入ってしまいます。ああ 時は金なり・・時間だけは神様が平等に与えてくれたものだっていつも身に沁みて感じるわ。
久しぶりに旅行とか行きたい・・自分で選んだとこに行きたい。どうしても子どもが居ると子ども中心のセレクトになるので、渋いとこや遊び場がないところには行けません。中坊とかになったら絶対一緒に旅行なんかできないんだから、今のうちだけだよ~付いてくるの。とは大きい子が居るママ友の弁ですが、きっとその通りでしょう。自分が中学生の時を振り返れば、連休夏冬春休みは部活か受験勉強で明け暮れて、それが無ければ友達と遊びに行ってましたから。とはいえ、少しでも親も楽しめるところに行ったってバチは当たらないじゃないか!と思います。
瀬戸内しまなみ海道、報道ニッポンで特集してますけど、写真だけ見てもすっごくきれい~!四国や山陽は旅行らしい旅行したことないから、一度行ってみたいんです。尾道と今治、両方楽しめるなんていいなあ~。高速料金が安くなりましたから、行きやすいですよね。しまなみ海道のホームページを見たら、ますます行きたくなってきた!潮流体験とか、しまなみグリーンツーリズムは体験型ツアーで、みかん狩り、魚の捌き方体験や遊魚船体験など農魚村の体験が64種類もあるんですって。子どもができるのもあるし、何より面白そうです。いいなあ 頑張ってるなあ。心が荒らんでいる今、美しいものを見て癒されたいです。




雑誌取材で行く 国際通信社
報道ニッポン|報道通信社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル フランス要注意

秋のフランスは素敵でしょうね~、そんなときにフランスを旅する予定の方がうらやましい、なんて思っていたら、フランス行きを予定されている方にはちょっとだけ心配なニュースが入ってきました。なんでも国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者だと自分で言っている人物が、フランスに対してアフガニスタンからの軍撤退やブルカ禁止法の中止を要求する音声テープが、アラビア語テレビ局のアルジャジーラで27日に放送されたそうです。ということは、またテロ?なんでもこのテープ、音声のみで人物は映っていないし、実際にビンラディンが話しているのかわからないようですが、専門家がいうには偽のビンラディン容疑者のテープが放送された例はこれまで一度もないんだそうで、うーん、ってことは本物?ちなみにテープの中では、「フランスに女性のブルカ着用を禁止する権利があると考えるなら、我々にもフランス人からなる占領軍をアフガニスタンから追放する権利がある」と主張しているのだそう。というのも、今年の9月にフランスでは、治安上の懸念や女性の人権侵害を理由として、顔面を覆い隠すイスラムの女の人たちがきているブルカと呼ばれる服の着用を禁止する法律が可決されたそうで、来年の春に施行される予定だそうなのです。これもどうかとは思うけど。。ちなみにこれに対して、フランス政府の公式コメントは出されていないものの、ある与党議員は、深刻に受け止めるべきだけれど、決して譲歩すべきではないと語っているようです。

現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 迷惑メール業者逮捕

世界にはいろいろな職業がありますが、そういえば私たちにとってはかなり迷惑なスパムメールも、スパムメールを送りつける仕事をしている人たちがいるんだってことなんですよね。というわけで、そのスパムメールに関するニュースなのですが、ロシアのモスクワ警察当局が、10月27日にモスクワ市内にある、なんと世界最大級の迷惑メール業者「スパムイット」の経営者の人の自宅などを、薬事法違反容疑で家宅捜索したことを明らかにしたそうです。うひょー、迷惑メール業者っていう職業なんて、あったんですね。もちろんみなさんご存知の通り、スパムイット社はメールの受信者の同意なしで、営利目的のメールを大量に送るスパムメールの手法で、バイアグラの模造品などの購入を呼びかけたそうで、ロシアの地元紙によればアメリカやヨーロッパなどで過去3年半に1億2000万ドル(100億円)以上の売り上げをあげていたのだそう。引っかかる人も引っかかる人だけど、すんごいボロ儲けのようですね~。警察の調べによれば、スパムイットを経営しているイーゴリ・グセフ容疑者は、電子メールに含まれたウイルスで利用者のコンピューターを感染させるなどの手段で、1日に500億通もの広告メールを世界中に送り付けていたのだそうですよ。インターネットって、一か所から世界を相手に出来ちゃうのが怖いですよね~。便利すぎるのも、考えものなのかも?9月末にスパムイットが活動を辞めて以来、世界的にスパムメールが減少したそうです。そりゃそうでしょ。

国際ジャーナルとの出会い
opem-press.org | 報道ニッポン | 報道通信社
このページのトップへ
コンテントヘッダー

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 重い裁き

裁判員裁判制度が導入されて初めての死刑求刑がとうとう行われましたね。刑事事件を取り扱う以上、死刑相当の事件が審議対象になる日がくるだろうとは思っていましたが、想像以上にその時が早くやってきたという気がします。国際通信社の各雑誌でも裁判員制度の功罪、是否、社会的影響などを取材してきていますね。今回のことに限らず、裁判員の心のケアの必要性を問う声は様々なところからあがってきているでしょう。被害者を襲ったむごたらしい傷跡、それは致命傷となる実際の傷であったり心の傷であったりします。その傷と真正面から向き合い、さらに遺族や証人、検察と弁護のやり取りを集中して直視し続けるということが、どれだけの負担になるか、トラウマを抱えることになるか、そもそも人を裁くという立場とは全くかけ離れた人生を送ってきた一般人に、裁きのなんたるかが本当に理解できるのか、正直分かりません。自分もいつ裁判員に選ばれることになるか知る由も無いわけで・・。この制度が早く無くなってくれることを望みます。国民感情や常識を裁判の中に取り入れるために裁判員制度が導入されているとしても、人を裁くことの重みを私たちは無責任に・・愽蕕辰椴匹い里・箸いΦ震笋鮖・燭兇襪鯑世覆い・蕕任后・枷輯韻砲覆訖佑寮嫻ご兇魴擇鵑犬討い襪茲Δ糞い・靴討覆蠅泙擦鵝・修鵑覆亡蔽韻某佑留震燭老茲瓩蕕譴覆い任后・・・・・・
ROD
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

nice2009

Author:nice2009
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。